うなぎまつもと

新鮮でうまいうなぎが味わえる店。

毎朝、産地直送されたうなぎを店内で朝開き、
常に新鮮なうなぎをご提供します。
700度の高温で一気に焼きあげるため、
皮はパリパリ、なかはふんわり、
ちょっぴり甘口の秘伝のタレが女性に大人気です。


うなぎまつもと/サイトナビゲーション


ホーム >まつもとのこだわり

昆布のつくだ煮 調理から梱包まで…

konbu1.JPG
当店の手作り”昆布のつくだ煮”の煮込み中の写真です。


konbu1.2.JPG
じっくりと煮込みながら、間合いをみてかき混ぜます

konbu2.JPG
炊き終わったら、大きなバットに移します。


konbu3.JPG
手作業で”昆布”をパックに小分けします。ちなみに220gです。

konbu4.JPG

konbu5.JPG
袋に入れて

konbu6.JPG
包装紙で包みます

konbu7.JPG
みんなで分業してようやく完成間近。

konbu8.JPG
あとは”昆布”のシールをはってできあがり!


仕込みの風景

unasasi1.JPGまつもとではひらいた鰻を串に刺してから焼きます。


unasasi2.JPG串は全部で5本刺します。手早く正確に串を打つために数年はかかります。


unasasi3.JPGバットに綺麗に並べてできあがり


まつもとのこだわり


unagi4.jpg皮を焼いて、腹部焼いて、タレにつけます

少し焼いた時点で串を後、4本打ちます。

unagi3.jpg一気に焼き上げた鰻は外はカリッと中はジューシィー


まつもとの鰻は…

unagi2.jpgその日に使う鰻は、その日の朝にひらきます。鰻をひらくのは朝と昼からの約2回。昼までの分は朝ひらいて、夜の分はお客さんの様子を見ながらひらいていきます。



tateba.JPG

当店、鰻を活かす”立て場”の写真です。

毎日の鰻は三箇所の問屋から生きたまま運んで”立て場”に活かします。

黒いケースの一杯に約5キロの鰻を入れます。




”まつもと”では鰻を自ら開いてます。「そんなの当たり前!」と思いかも知れませんが、最近は問屋さんで鰻を開いてもらっている鰻屋が多くなっているのが現状です。
そこで、写真的には少々グロいかも知れませんけど、開いている場面を載せたいと思います。
気持ち悪くなったら、すみません。

ひらき3.JPG ひらき2.JPG               鰻をひらく際には、この黒いかごに入れます。大人しくなって鰻をつかみ易くなります。まず、頭にめうちを打ちます。

ひらき4.JPG”まつもと”では鰻は背開きになります。ゆっくりと開いていると暴れるので、一気にしっぽまで開ききります。たまに私たちが”デコ”と呼ぶ骨が曲がったのがいるので、感覚で気をつけて失敗しないようにします。

ひらき5.JPG写真では写ってませんが、お腹にキモがあるので、そのキモを手でとります。

ひらき6.JPG骨をとって、頭を切り落として完成です。最初から出来上がりまで、時間にして15秒~20秒ほどです。ひらき.JPG


包丁.JPG
ちなみに…
現在、私達が使っている包丁です。
”名古屋裂き”と呼ばれるものです。